岩倉の川





岩倉という地
岩倉は京都の市街地では北端に位置する小盆地です。盆地の中央を流れている岩倉川と長代川(ちょうだいがわ)を利用したり、小川の水を引いてため池を設けるなどして、盆地の多くの地域で農業が行われてきました。

住宅開発
田畑が一面に広がっていた岩倉の地は1966年の国際会館の完成を契機に大きく変貌をとげることになります。つまり、国際会館の建設により周囲の交通網が大幅に整備され、それに合わせて住宅開発の波が一気に押し寄せることになったのです。岩倉川・長代川もその影響により南部を中心にコンクリート護岸の都市河川に変貌していきました。

変化めまぐるしい川
これにより岩倉を流れる川は旧来の姿をとどめている部分と開発の影響を受けた部分が共存したものになり、特に岩倉川は姿を非常に目まぐるしく変える川になりました。つまり、上流部は依然として広がる田畑の中を細々と流れる小川になっており、中流部は農業用水の取水堰など開発前の面影を残しながらもコンクリートの護岸が目立つ姿に徐々に変貌していく川になっており、下流部では川に濁りが見えるものの親水施設が充実した川になっている訳です。



<岩倉の川簡易MAP>
見たい場所をクリックしてください

その他の岩倉の川 長代川下流部 長代川中流部 長代川上流部 宝ヶ池公園(岩倉川下流部) 岩倉川中流部 2 岩倉川中流部 1 岩倉川上流部

1、岩倉川上流部
2、岩倉川中流部 1
3、岩倉川中流部 2
4、宝ヶ池公園(岩倉川下流部)
5、長代川上流部
6、長代川中流部
7、長代川下流部
8、その他の岩倉の川


「京都の親水」トップへ

サイトトップへ


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO