小畑川下流部




一文橋を過ぎた小畑川はJR線をくぐるとまもなく川幅を大きく広げます。流れは緩やかで水深は浅く所々に河原を形成しています。


JR線の橋梁川幅を広げる




長岡京市中心部を流れる小畑川


川近影川に下りる階段



長岡京市中心部を抜けるあたりで犬川という小さな支流をあわせます。この支流の合流点には親水施設が整備されており、子供や散歩客が利用する姿をよく見かけます。


犬川(左側)合流点と親水施設飛び石



親水歩道から上流を望む川近影



犬川を合わせた小畑川はまもなく名神高速をくぐり、草深い桂川河川敷を横切るようにしばらく流れた後、流程を終えます。川に近づくことが容易でない区間であるため、桂川との合流点はきわめて分かりにくくなっています。


犬川合流後の小畑川名神をくぐる



小畑川最下流部草深い川




天王山大橋から見た桂川との合流点



●メモ

◎小畑川最下流部の様子は桂川沿いの淀川河川公園からも見ることができます。




<小畑川編>
1、小畑川上流部
2、洛西ニュータウンの小畑川(中流部)
3、西向日・長岡京の小畑川(中流部)
4、小畑川下流部

<小泉川編>
1、小泉川上流部
2、小泉川中流部
3、小泉川下流部

「小畑川と小泉川」トップへ


「京都の親水」トップへ

サイトトップへ


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO