西向日・長岡京の小畑川(中流部)




善峰川を合わせた小畑川は京都市西京区・向日市・長岡京市の境目近くを流れていきます。流域のかなりは宅地化されていますが、川自体は草深く比較的自然が残されています。また、西向日駅西方近くには大きな農業用水の取水堰が残っており、現在も流域の農業を支えていることも分かります。



住宅街を流れる小畑川


堰堤近影大きな取水堰



阪急線をくぐる地点から西国街道の一文橋までの間の川傍には親水テラスが整備されています。一文橋の名はかつて暴れ川であった小畑川により何度も橋が流され、街道の通行人から一文ずつ徴収することで橋の架け替えの費用を賄ったという伝承からつけられています。


阪急線の橋梁と親水テラス一文橋と親水テラス



親水テラスを下から飛び橋



親水堰堤一文橋のオブジェ




●メモ

◎一文橋付近の道路の交通量は多いので通行には十分ご注意ください。




<小畑川編>
1、小畑川上流部
2、洛西ニュータウンの小畑川(中流部)
3、西向日・長岡京の小畑川(中流部)
4、小畑川下流部

<小泉川編>
1、小泉川上流部
2、小泉川中流部
3、小泉川下流部

「小畑川と小泉川」トップへ


「京都の親水」トップへ

サイトトップへ


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO